MENU

 高校も大学も女子校で、男性がいない環境で生活をしていました。
女子校に通っていると男性って本当に未知の生物なんて気持ちになってしまいます。
なにを考えているのか分らないし、どのように接して行けばいいのかも分らなくなってしまうものです。
もちろん恋人が欲しいとかお付き合いしたいとか、そういう気持ちは持っていました。
街中で声をかけられてしまうような事もありました。
はじめて合コンに出席した時、ちょっと仲良くなれた方がいて、デートのような感じで会うようになっていたんだけど、その人を強引にエッチの事しようとして怖くなって逃げ出してしまいました。
あれから男性恐怖症みたいになっちゃって、興味はあっても付き合うことができなくなってしまったんです。
ラブラブなデートをしてみたいだとか、大人の関係だって楽しんでみたいという気持ちはありました。
だけどやっぱり怖い、こんな気持ちを払拭することができなかったから29歳まで恋人のいない生活を、セックスをも経験しないまま送ってきたのです。
やっぱり30歳になる前にラブラブなデートをしたい、大人の関係だって楽しめるようにならないといけないって焦りだしてしまったんです。
それでもやっぱり男性は怖いし、複雑な気分になってしまいます。
エッチな事には興味はあるものの、男性のあの強引な態度は凄く怖くて、結局は告白されても全て終わるような状況になってしまいます。
まずは男の人が怖いって気持ちを何とか克服しなければ、恋人を作ってラブラブな関係を楽しむことができないって状況になってしまっていました。
何で男の人はあんなに強引にエッチな事しようとするのか?女子高育ちの私には、本当に理解することができません。
グイグイと責めてこないような、そんな男性はいないのかな?って常に考えていたんです。

 

定番サイト登録無料
ソフレ募集サイトBEST5
処女の私でも安全にソフレが見つかりました